イボコロリはイボに対して高い効果を発揮してくれます。ですが、その分イボコロリを使っては行けない部位もあるんです。ご紹介しましょう。

イボコロリはシミやほくろに効果はある?

体にできたイボをとる効果があるイボコロリ。
このイボコロリがシミやほくろにも効果があるという噂があるようです。

そこで、この噂が本当かウソか徹底調査してまいりました。

 

★ 噂は『ウソ』!

イボコロリがシミやほくろに効果があるという噂の真偽ですが、残念ながらウソのようです。

実際に配合されている成分を見てみても、シミやほくろを取り除くことに適した成分は配合されていませんでした。

成分のほとんどを占めているサリチル酸の働きには皮膚や角質をやわらかくする角質軟化溶解作用というものがあるのですが、これも元々かたくはないシミやほくろの改善には効果がありません。

 

★ 悪化させてしまうことも

イボコロリには、先ほどご説明したように皮膚を柔らかくする効果があります。
この効果は非常に高いものであり、かたくなったイボなどの患部以外につけてしまうと、その部分を白く軟化させてしまったり痛ませてしまったりするんです。

そのため、シミやほくろにつけてしまうとその分が軟化してしまうため、白くなってしまったり痛んだ結果黒く変色してしまったりします。

また、さらに悪化してしまった場合にはかさぶたのようになってしまったり膿んでしまったりという可能性も発生してしまうんです。

そのため、イボコロリをシミやほくろ対策として使うことは絶対にしないようにしましょうね。

 

★ イボコロリの顔への使用自体がNG

イボコロリは、本来足裏や手指などの皮膚が厚い部分にできてしまったイボを取り除くために使う薬です。

また、足裏などのできたイボに塗布する際にも、患部以外についてしまったら即座にふきとる必要があるというくらい強力な薬なんです。

そのため、たとえイボであったとしても、顔や首などの皮膚が薄くデリケートな部分には決して使用してはならないのです。

これは、イボがシミやほくろにかわっても一緒です。
特に気になる人が多い顔にできたシミやほくろにも、絶対に使用しないようにしてくださいね。

 

 

 

シミやほくろが消えた?実際に使った方の感想は?

 

『シミやほくろにイボコロリが効果あり』という噂を聞いて、実際に使ってみたという人もいます。
そこで、効果があったのかどうか、実際に使った人の口コミをご紹介したいと思います。

 

329586s『シミに悩んでいたところ、ネットでイボコロリがよいという言葉を見たため使ってみることにしました。

本当は顔のシミを治したかったのですが、説明書には「顔などに使用しないでください」と書かれていたので怖くなってまずは足のシミに試してみることにしました。

つけてから数分たって赤みが出てきたものの特に変化はなし。
さらに数日後に試してみたのですがこれも変化なし。

数回試してみたのですが、全く変化はありませんでした。

少しのヒリヒリ感と赤みを帯びただけでしたね。

私は足だったので「効果はなかったね」というくらいだったのですが、もし顔だったらと思うとやはり少し怖いですね。』(41歳 女性)

 

329586s『物心ついたときから気になっていた顔の大きなほくろ。
レーザーでの除去も考えていたのですが一歩踏み出せないというタイミングで、イボコロリでほくろがとれると耳にしました。

さっそく試してみたのですが、残念ながら効果はありませんでした。
というよりも、痛みですぐに洗い流してしまいました。

ほくろにつけて少したったころからひりひりとした痛みを感じ、1分ともちませんでした。

そこでやめたために悪化をすることはなかったのですが、中には周りまで黒く変色してしまったりかさぶたになってしまったりした人もいるようでしたので、まだましだったのかな?

どちらにせよ、顔には使っちゃダメですね。』(32歳 女性)

 

329586s『足と腕にたくさんほくろがあってずっと気になっていたため使ってみました。
全部で20箇所くらいですかね。
どれも数mmくらいの小さなものです。

つけてしばらくたったころ、意変に気づきました。
ほくろ同士がくっついているのです。

よく見てみると、ほくろとほくろの間の皮膚が黒くなり、大きなほくろのようになっていました。

数週間たった今でもそのままになってしまっています。
まだしばらく治らないようでしたら皮膚科を受診します。

安易にほくろに使わなければよかったと後悔していますね。』(30歳 女性)

 

 

関連記事

艶つや習慣公式サイト

艶つや習慣

アーカイブ

カテゴリー